機材追加

SIRUIのP-326という一脚を購入しました。
ゴーヨンは基本手持ち撮影ですが、水平方向に構えてファインダー越しに長時間持っている間は腕がつらいです。
なので、一脚はどうなんだろうということで購入。
一脚なんてジジ臭いと思っていたので、まさか自分が買うとは思いませんでした。

a0248022_23243310.jpg
最初はマンフロットのアルミを考えていましたが、SIRUIという中国のメーカーが良さそうなので、ちょっと買ってみました。
カーボン6段で一万円以下。搭載荷重が10Kgなのに自重400gという良い事ずくめ。
また、縮長が38cmなのでカバンの中にも入ります。

ネットで見たときはロゴフォントがダサいな~と思っていました。
実際みてもダサいです。(笑)
中国も日本も漢字圏の英字フォントはダサいな~。
他のデザインはジッツォのパクリなんで、悪くないと思います。


で、ちょっと試し撮り。
1.7倍テレコンを装着し、850mm。ボディはD7100なので、1275mmという画角です。

一脚は直付けして撮りましたが、強度も十分ですね。
浜を移動しながら餌を食べるコチドリも楽勝でした。

a0248022_23235476.jpg
コンパクトで軽いので、緊急用にバッグに入れといてもいいですね。


そして、D7100のバッテリーグリップも購入。

a0248022_23242579.jpg
連写速度が上がるわけでもないですが、右手のホールド性を上げたくて購入。
まあ、縦撮りもし易くなるのでメリットはありますが、3万は高いかなぁ。
期待していたゴーヨン装着時のバランスは・・・あまりわかりません。
それほど前の玉が重いんでしょうねぇ。


以降はテレコン無しの手持ち撮影。
曇天の悪条件でもなかなかの写りします。

a0248022_23234624.jpg
a0248022_23240550.jpg
今日のコアジサシはあまり飛び込みませんでした。
海面スレスレの飛翔。

a0248022_23241466.jpg
ゴーヨンのフードは空気抵抗が大きいので、外してから振り回しましたが、低下した腕力では厳しいものがあります。
そもそもスピード的に無理があるかもしれませんが・・・。
クロップ無しの連写速度6コマも少ないですね。
D7110に期待!(笑)


[PR]
by it-kozou | 2014-06-22 23:32 | 写真(機材) | Comments(4)
Commented by yoshi-206sw at 2014-06-23 19:36
こんばんはです。
it-kozouさん超望遠、超重量級の装備凄まじいですね~^^;滝汗
自分はMで広角~標準、軽量装備路線なので真逆のスタイルです!!笑
ただどっちの路線も撮影はまさに修行ですね。。it-kozouさんは超重量バズーカ振り回し、自分はレンジファインダーMFでピント追い込み。。カメラ沼って広く深すぎますm(__)m笑
Commented by T2000 at 2014-06-27 00:03 x
野鳥撮影だとゴーヨンの様な重量級のレンズだと一脚は便利かもですね。
SIRUIって初めて聞きました・・・。
ところで一脚って雲台は普通つけないものなんでしょうか?
Commented by it-kozou at 2014-06-28 00:22
yoshiさん、こんばんは!

確かに重量級ではありますが、僕の住む世界では標準レンジですよ。
400mmは広角と言われましたから(笑)
といってもレンズ長が伸びるとブレに厳しくなるので撮影は難しくなりました。
機材は軽いに越した事無いですよ~
Commented by it-kozou at 2014-06-28 00:22
T2000さん、こんばんは!

浜の野鳥のように微調整レベルでは一脚は便利でした。
でも動き物はやっぱり手持ちになりますね。

雲台の有無は撮影スタイルによって分かれるので、人それぞれのようですね。
僕は、しばらく直付けで使ってみてから決めようと思いましたので買ってません。
購入するとすれば、チルトだけの一脚用雲台ですね。
耐荷重を考えると候補は少ないですが・・・

SIRUIは中国のメーカーです。
ロゴフォント以外は悪くないと思いますよ。(笑)
<< M135i1年点検 ゴーヨン雑感 >>