ゴーヨン雑感

ここ2週間ほどは、超常現象の調査を突きつけられて憂鬱気分。
しかし、金曜の夕方にコピペでも改ざんでもないエビデンスを提出して調査の仕事を突き返し!
どやさ!!(笑)

と、こんな話はどうでも良くて・・・

ゴーヨンこと「AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR」の雑感。

開封直後は興奮状態で持ったため軽く感じましたが、興奮が冷めた状態で持つとやっぱり重い。
うまいもんはうまい的に重いもんは重い。

a0248022_00134786.png
そこで何とか軽量化を図ろうと思ってカスタマイズシミュレーション。
まずは、レンズフットとやら。三脚座の脚ですね。
この足は航空祭手持ちの場合はハンドルとして機能するので、完全に外すわけにはいきません。

そこで、KIRKやRRSのサードパーティのレンズフットに交換する手はどうだろうと思いました。
これらはアルカスイス互換のクイックリリース使えますので、三脚に付けた場合にも重宝します。
要するに三脚座の脚を雲台にササッと付け外しが出来るシステム。
カワセミの餌付け現場に行くとジジイ達がよく使ってます。


レンズフットなんてまったく興味なかったのですが、ゴーヨンの力は恐ろしい。
相当調べましたが、国内通販で購入し易いのはKIRKとJOBデザインというメーカー。
で、KIRKのゴーヨン用レンズフットは約134g

a0248022_00152808.jpg
対する純正の脚は・・・約124g(取り外して計りました)
が、がんばってるやん純正。
見た目でもっと重いと思ってました。

ちなみに付属品の純正一脚座は約64g
ただし、これだとハンドルとしては機能しません。


ニコンさん、3880gの数字は相当頑張った結果と理解しましたよ。
後はフローライト採用ぐらいですね。
結果、軽量化はあきらめました。


あとは、バランスか・・・
D7100だとボディが軽いため、重心が前あります。
となるとバッテリーグリップぐらいでしょうか。


最後にゴーヨンで撮ったコアジサシ。
距離が近いこともありますが、鼻の穴まで撮れてます。

a0248022_00131437.jpg
以降は過去にサンヨンで撮ったもの。
a0248022_00133652.jpg
a0248022_00132698.jpg
浜辺を動き回って飛び込む瞬間を狙うには軽量のサンヨンが向いてます。
運もありますけどね。

ゴーヨンだと重たいので短時間集中勝負になりそうです。
筋トレも欠かせませんね。


[PR]
by it-kozou | 2014-06-22 00:19 | 写真(機材) | Comments(2)
Commented by T2000 at 2014-06-26 23:58 x
こんばんは。
ゴーヨンの描写力は魅力ですが、長時間振り回すのはしんどそうですね。
あと航空祭の開門ダッシュでもハンデになりますねw
僕はやっぱりNikon1再チャレンジしてみたい気分です。
V3が今のV2ぐらいになればですが。
Commented by it-kozou at 2014-06-28 00:21
ゴーヨンは航空祭みたいに撮影タイミングが予測できる場合はOKですね。
ただ、開門ダッシュはしません!(笑)

Nikon1ですか~、70-300mmが発売されましたね。
僕はハッキリした性格なんでニコワン購入は無さそうです・・・たぶん(笑)
<< 機材追加 オーベルジュ >>